ホームステージング Tag

【調査リリース】「安心R 住宅」に関する調査を発表

~ 「安心R 住宅」の認知は2 割弱〜
~ 新耐震基準導入以降の物件であっても不安。約6 割が「築年数20 年以内」で耐震性に不安を感じている。~

株式会社ホームステージング・ジャパン(本社:東京都品川区、代表:ルーカス・クハルスキー、以下:「ホームステージング・ジャパン」)は、国土交通省が4 月1 日より実施を予定している「安心R 住宅に関する調査」をインターネットで実施しました。今回の調査は、2018 年3 月12 日(月)から3 月19 日(月)の8 日間、全国の20 歳代から60 歳代(以上)の男女で中古物件を購入したことがある561 人を対象に行われました。ホームステージング・ジャパンは、主に中古物件を対象に、購買層を把握・意識し、個別のターゲットに向けて物件を演出することで「売れる物件」にするホームステージング事業を行っています。

– 調査の詳細やグラフについてはプレスリリース末尾のお問い合わせ先までご連絡ください-

<調査結果概要>

■ 「安心R 住宅」の認知は、全体で2 割弱。若い世代ほど認知度の高い結果に。
「安心R 住宅」の認知について聞いたところ、全体の18.9%が「安心R 住宅を知っている」と答えた。年代別に見ると、20 代は31.3%、30 代は24.1%が「知っている」と回答し、若い世代ほど認知度が高い結果となった。一方で、40 代以上では、40 代が11.6%、50 代が12.7%、60 代以上が14.3%だった。

■ 中古物件に対して約8 割が「不安・汚い・わからない」のいずれかのイメージを持っている
国土交通省が「安心R 住宅」を施行する背景には中古物件に対する「不安」「汚い」「わからない」というイメージを払拭する狙いがある。本設問ではこれらのイメージに関して、新築物件と中古物件の印象を聞いた。新築物件に対しては約7割(67.4%)が「不安・汚い・わからない」のイメージを持っていないと答えた。一方、中古物件に関してはそのようなイメージを持っていないと答えた割合は約2 割(19.1%)となり、約8 割がいずれかのイメージを持っていることがわかった。
また、それぞれの項目に関して回答理由を聞いた。

「不安」とイメージを持っている主な理由:
「なんで売りに出されたのか、事故物件ではないか」「どんな人が住んでいたのか」「前に住んでいた人がどのような使い方をしていたのか」「見えない不具合があるのではないか」「買ってからの耐久年数」

 

「汚い」とイメージを持っている主な理由:
「知らない人が使っていた家だから」「水回りの清潔感が気になる」「経年劣化」「かび」

 

「わからない」とイメージを持っている主な理由:
「目に見えない部分がどうなっているか」「評価基準や価格が適正なのか」「前に住んでいた人がどのような使い方をしていたのか」「購入者に不利な情報があるのではないか」

全てに共通して「前にどんな人が住んでいて、どういった使い方をしていたのかがわからない」という事でのマイナスイメージが多く、また「なんとなく」という回答も多数あった。イメージだけでマイナスの印象を持っている可能性も見られた。

 

■「戸建て」よりも「マンション」の方が、築年数が古いほど魅力が下がる傾向
新築物件の購入を検討する時、同条件の中古物件がいくら安ければ中古物件を選ぶかを、築年数ごとに聞いた。以下は、築年数に対して、最も回答数が多かった金額。この金額程度に安価な物件があれば、中古物件を選ぶ傾向になることがわかった。

マンションの場合では、
築5 年:500 万円
築10 年、築20 年:1,000 万円
築30 年:2,000 万円

戸建ての場合では、
築5 年、築10 年、築20 年:1,000 万円
築30 年:1,500 万円

マンションの場合には築5 年と築30 年で選んだ価格に1,500 万円の差があったのに対し、戸建ての場合には500 万円の差にとどまった。購入側の心理では、マンションと比べて戸建ての方が築年数に対する物件の値下げ幅が少ないことがわかった。また、物件種別や築年数に関係なく、「中古物件は選ばない」と回答した割合は年齢があがるほど増える傾向にあった。

■ 物件購入を検討する際に気になるものは新築・中古ともに「耐震性」
物件の購入を検討する際に気になるものを、「新築マンション」「新築戸建て」「中古マンション」「中古戸建て」それぞれで聞いたところ、どの種別でも最も多くの回答を集めたのは「耐震性」で約6 割となった。新築では続いて「保障・アフターサービス(48.0%)」が続いた。中古では「内装の傷・汚れ(57.2%)」が耐震性とほぼ変わらないポイントで続き、「設備の状態(51.3%)」と続いた。中古物件に関して、「内装の傷・汚れ」「外装の傷・汚れ」を気にする人は5 割を超えているのに対し、「内装のデザイン」「外装のデザイン」を気にする人は約3 割にとどまる結果となった。

 

■ 耐震性に不安を感じる人は「新築物件」で約4 割、「中古物件」で約7 割
「新築マンション」「新築戸建て」「中古マンション」「中古戸建」の物件を購入する際に耐震に不安を感じるかを聞いたところ、「新築マンション(36.7%)」「新築戸建て(38.1%)」「中古マンション(71.5%)」「中古戸建(71.3%)」となり、新築物件では約4 割、中古物件では約7 割の人が耐震性に不安を感じていた。年齢別には、年齢が高まるに従って、不安に感じる割合が増える傾向にあった。特に50 代以上では、中古戸建てと中古マンションへの耐震に対する不安が約8 割となった。

 

■ 新耐震基準導入以降の物件であっても不安。約6 割が「築年数20 年以内」で耐震性に不安を感
じている。

中古物件に関して、築何年を超えると耐震が不安になるかを聞いたところ、戸建て・マンションともに「築10 年」で不安になる人が約3 割と一番多い回答となった。築3 年未満~築20 年までに不安を感じる人は6 割を超える結果となり、1981 年の新耐震基準を導入した以降の物件も不安の対象に入っている。

 

■ 中古物件を選ぶ際には構造や設備を重視する傾向
中古物件紹介のサイトにあって欲しいと思う情報を聞いたところ、「構造・防災(66.3%)」「設備・仕様(62.9%)」「間取り(58.3%)」が上位となった。また、デザインの情報に関しては20 代~30 代の4 割以上があって欲しいと回答したのに対し、40 代以上では3 割弱となった。若い世代の方がデザインを気にする傾向が見られた。

 

■ 物件コンセプトを気にする人が約5 割
建設時のコンセプト*を気にするかどうかを聞いたところ全体で約5 割の人が気にすると答えた。中古物件でも4 割が「気にする」と回答し、築年数が経っていたとしても自分が購入する物件がどういったコンセプトを持っているのかを気にしている傾向がみられた。
*:コンセプト:物件を建設するにあたり考えられる構想。購入する人を想定し、それをもとに規模や物件の
総合的なデザイン等が決定される。

 

【調査概要】
調査エリア: 全国
調査対象者: 20 歳~ 男女
回収サンプル数: 561 サンプル
調査期間: 2018 年3 月12 日から3 月19 日

 

【株式会社ホームステージング・ジャパンについて】
ホームステージング・ジャパンは、2013 年4 月に設立。ホームステージング市場の最大手。「非常識であること~日本のインテリアに革命を起こすこと~」をミッションに、売却予定の物件にインテリアコーディネートを行い物件の売却促進を支援するサービス「ホームステージング」を中核ビジネスとして、インテリア・不動産関連事業を展開。創業以来、「ホームステージング」の啓蒙活動や人材育成に注力し、急成長を続ける。その他、「高機能・高品質な360°3D-VR 撮影」や「海外家具の輸入」などのサービスを提供。

0

【調査リリース】中古物件購入に関する調査を発表

~家は一生に一度の買い物ではない!?物件購入者の5割が2回以上の買い替えを予定、20代の約7割が“家具付き”物件の購入を希望~

株式会社ホームステージング・ジャパン(本社:東京都品川区、代表:ルーカス・クハルスキー、以下:「ホームステージング・ジャパン」)は、「中古物件購入に関する調査」をインターネットで実施しました。今回の調査は、2018年1月15日(月)から1月27日(土)の13日間、全国の20歳代から60歳代(以上)の男女で中古物件を購入したことがある532人を対象に行われました。

 グラフなどの詳細はこちらをご覧ください 

 

<調査結果概要>

■ 中古物件の購入のきっかけは、家賃を払い続けることにもったいないと感じたのが理由
中古物件を購入した人を対象に、中古物件を初めて購入したきっかけを聞いたところ、「家賃がもったいないと思った(27.4%)」という回答が最も多く、「希望エリアに良い物件が出た(17.1%)」、「特にきっかけはなかった(12.2%)」が続いた。年齢別でみたところ、若い世代の多くは「賃貸の更新のタイミング」を理由にあげ、年齢が高くなるにつれて「希望エリアに良い物件が出た」「特にきっかけはなかった」と回答する人が多くなる傾向にあった。

■ 中古物件の内覧に行く前の情報源は、「不動産仲介会社のホームページ」が最多で約4割
中古物件の内覧に行く際に参考としてる情報源について聞いた。「不動産仲介会社のホームページ(41.7%)」、「住宅紹介ポータルサイト(31.0%)」が多くの回答を集め、インターネットを活用して情報収集をしていることがわかった。次いで、「折込チラシ(28.6%)」「住宅情報誌(紙)(27.8%)」と紙の媒体が続き、「友人・知人からの紹介」は23.7%となった。年代別では、20歳代が様々な媒体から情報収集をしている一方、年齢が上がるにつれて情報源が絞られる傾向があることがわかった。60歳以上では、「友人・知人からの紹介(24.0%)」がもっとも多く、人を介して情報収集していることが判明した。

■ 内覧前に参考とする写真ではキッチンを注目。そのほか、リビング、風呂も内覧に行く決め手に
内覧前に参考とする場所の写真について聞いたところ、「キッチン(55.7%)」に最も注目していることがわかった。キッチンとほぼ差がなく「リビング(52.4%)」が続き、「風呂(45.5%)」も多くの人が注目していることが判明した。
全体の約8割(78.8%)が写真を気にする中、年齢によって気にする傾向に違いがあることがわかった。20歳代の99.0%が何かしら写真を気にする一方で、50歳以上では約4割程度が写真を気にしていないと回答した。

■ 内覧後の印象として、20歳代、30歳代は「におい・香り」「室内ディスプレイ」を気にする傾向
中古物件の購入を決めた物件で内覧後に良い印象として残ったものについて聞いた。全体では、「明るさ(49.6%)」、「広さ(48.4%)」、「周辺環境(35.7%)」が上位となった。年齢別では、「におい・香り」「室内ディスプレイ」で顕著な差がつき、20歳代と30歳代が印象として残っているのに対して、40歳以上はあまり気にしていないことがわかった。

■ 中古物件の購入の決め手で男女の差はほぼ「ない」
中古物件の購入の決め手は、「リビング(54.1%)」「キッチン(43.1%)」「ダイニング(39.8%)」となった。「風呂(33.5%)」も多くの回答を集めた。
また、4位までの項目は全体の順位とも一致し、男女での違いはほとんど見られなかった。

■ 一生涯に中古物件を購入する回数は2回が最多
一生涯に中古物件を購入する回数は2回が最多で32.1%、次いで1回が26.9%となった。
年代別では20代では1回(13.6%)よりも2回(40.9%)3回(19.1%)と答えた割合が高く、他の年代よりも、購入を予定している回数が多い結果になった。

■ 中古物件の購入で家具付き物件を希望する割合で約7割の20歳代が「希望する」と回答
中古物件を購入する際、家具の配置やインテリアコーディネートまで考えた上で検討する人の割合は約6割(60.5%)。20歳代に至っては約8割(80.0%)が検討すると回答した。一方、イメージ通りにインテリアコーディネートができず、家具の購入に後悔した人も約6割(65.5%)で、20歳代では8割近く(83.0%)だった。
中古物件を購入する際、家具付き物件を希望する割合は約4割弱だったが、20歳代が約7割(69.1%)という結果となり、年齢層によって好みが別れる結果となった。

■ 中古物件のこだわるポイントで20歳代のこだわりが強く、多くの項目で60歳代以上の層と大きな差があった
中古物件を選ぶ際のこだわるポイントについて聞いた。全体的に若い世代が物件を選ぶ際のこだわりが強いことがわかった。中でも、「シャワーの水圧」「キッチンの床下収納の有無」「キッチン水栓のシャワーヘッドの有無」「洗面台の鏡のくもりどめの有無」「洗髪洗面化粧台の有無」「雨戸の有無」「掃出し窓の有無の有無」「宅配BOXの有無」「バルコニーの広さ」において20歳代と60歳代以上の層に20ポイント以上の差があった。

【調査概要】
調査エリア  : 全国
調査対象者  : 20歳~ 男女
回収サンプル数: 532サンプル
調査期間   : 2018年1月15日から1月27日

【株式会社ホームステージング・ジャパンについて】
ホームステージング・ジャパンは、2013年4月に設立。「非常識であること~日本のインテリアに革命を起こすこと~」をミッションに、売却予定の物件にインテリアコーディネートを行い物件の売却促進を支援するサービス「ホームステージング」を中核ビジネスとして、インテリア・不動産関連事業を展開。創業以来、「ホームステージング」の啓蒙活動や人材育成に注力し、急成長を続ける。その他、「高機能・高品質な360°3D-VR撮影」や「海外家具の輸入」などのサービスを提供。

 グラフなどの詳細はこちらをご覧ください 

0

インテリアや家具のコーディネートで売れる物件を演出する「ホームステージャー」の養成コースを11月から本格開始

インテリアコーディネートを行い物件の売却促進を支援するホームステージングサービスを提供
する最大手「株式会社ホームステージング・ジャパン」(本社:東京都品川区、代表取締役クハル
スキー・ルーカス、以下「ホームステージング・ジャパン」)は 11 月 16 日より、不動産物件調査
から部屋のコーディネートまでを請け負い「売れる物件」を演出するホームステージャーの養成学
校「HOME STAGING SCHOOL」にて本格的な養成プログラムを開始します。

ホームステージャーとは、不動産物件をより早く、高く売却できるように物件の演出をする不動
産売却のためのビジュアルコンサルタントの専門家です。海外では、物件売却時にホームステージ
ャーに依頼することが一般的で職業として確立されています。
昨今、日本でも民泊向けのリフォーム、空き家の利活用や中古住宅の再販など、既存の不動産物
件の販売市場が活性化している中、ホームステージングのニーズも急速に高まっています。一方、
日本ではまだホームステージングを提供できる専門知識や現場での経験を兼ねそろえたプロの人材
が不足しています。

今回、当社は累計 3000 件以上の物件の販売に関わり、現場で培ったホームステージングの専門
的な経験やノウハウを生かして、養成プログラムの本格的な提供を開始します。

ホームステージャーには、コンサルティングのスキルだけでなく、不動産の知識、インテリアや
家具のレイアウト、ディスプレイのスキルや能力、トレンドの情報収集力など幅広いスキルが求め
られます。「HOME STAGING SCHOOL」では、必要なスキルやノウハウを各分野で活躍する講
師から徹底的に学ぶことができ、さらに実際の現場に近い環境でトレーニングを行うため、卒業後
すぐにホームステージャーとして活躍できる知識やスキルなどを習得することができます。

ホームステージャーは、不動産やインテリア関連の従事者だけでなく、主婦や OL など興味があ
るものの時間がない方々でも活躍できる仕事としても注目されています。本スクールでは、コース
開始から1年間振替可能な受講システムや、19 時から受講可能な夜のクラスなど、柔軟性が高く自
由度の高い授業形態で学ぶことができます。

本スクール受講者には、トレンドや最新情報などを学ぶための、特別セミナーやイベント、海外
セミナー、ミラノサローネ視察ツアーなどに参加できるスペシャルセミナーも用意しています。

ホームステージング・ジャパンは今後、「HOME STAGING SCHOOL」を通じて、現場の知見
を有し、専門性の高いホームステージャーを養成するとともに、ホームステージャーが活躍できる
環境整備を推し進めてまいります。

*ホームステージングとは、売却する予定の物件に家具や小物でインテリアコーディネートを加え、
モデルルームのように購入検討者により良い印象を与え、売却を円滑に促すためのサービスです。

<11 月コースの概要>
■コース名: HS ベーシックレッスン(11 月開始:夜コース)
・受講資格: すべての方(未成年の場合には保護者の承諾が必要) ・開講期間: 2017 年 11 月 16 日(木)~2018 年 2 月 8 日(木)
・受講料: 80,000 円(教材費・消費税込)
・定員: 25 名
・コース URL: http://homestaging.school/course/hs_basic-night_201711/

■コース名: HS ベーシック+テクニカルレッスン(11 月開始:夜コース)
・受講資格: すべての方(未成年の場合には保護者の承諾が必要) ・開講期間: 2017 年 11 月 16 日(木)~2018 年 4 月 12 日(木)
・受講料: 200,000 円(教材費・消費税込)
・定員: 20 名
・コース URL: http://homestaging.school/course/basic_tech_201701/

 

0

高機能 360度 空間3D-VR撮影サービス「Matterport 3D Spaces」を提供開始

4K対応の高画質で物件内部を360°3D撮影。臨場感あふれるバーチャルツアーを実現。

売却予定の物件にインテリアコーディネートを行い物件の売却促進を支援する“ホームステージング”サービスを提供する株式会社ホームステージング・ジャパン(本社:東京都品川区、代表取締役クハルスキー・ルーカス)は、物件内部を4K対応の高画質で360°3D撮影を行い、webサイトやスマートフォン、VRゴーグル等を利用してバーチャルツアーを行うことができる「Matterport 3D Space」の一般提供を開始しました。

【サービス提供の背景・概要】
これまでは当社(株式会社ホームステージング・ジャパン)がホームステージング*を行った物件に限定したオプションサービスとして、360°3D-VR撮影を行ってまいりましたが、近年のVR技術の向上にともなうバーチャルツアー等のニーズの高まりを受け、不動産物件に限らず「旅館」や「店舗」「オフィス」「結婚式場」「公共施設」「イベント会場」「アミューズメント施設」等、あらゆる業態・施設へのサービス提供を開始いたしました。米国Matterpotr社の機材を用いて360°3D-VR撮影サービスを首都圏で提供するのは、国内初となります。

デモサイトはこちら:https://my.matterport.com/show/?m=dvR896A8r5m
詳細サイトはこちら:http://hsj-vr.com/

【サービスの特徴】
1. 高画質・高精細な臨場感あふれるバーチャルツアー
単なるパノラマ画像のつなぎ合わせを超えた、継ぎ目や歪みの無い、高画質・高精細な360°3Dバーチャルツアーコンテンツを撮影・作成することが可能です。撮影画像は4K画質に対応しています。

2. 全体を俯瞰で見渡せるドールハウスビュー
360°撮影すると同時に3Dスキャンを行う特殊な撮影機材を使用することにより、平面的な画像情報のつなぎ合わせではなく3Dモデルとして立体的に描画することができるため、物件全体を立体的に表現する“ドールハウスビュー”で物件の空間イメージを俯瞰視点で見ることが可能です。

3. 動画などの様々なコンテンツを埋め込み可能
ウォークスルー画面内の壁面や空間内に文字やURLリンク、画像や動画を埋め込むことが可能。
施設内部を見るだけでなく、施設内の注目ポイントに補足情報を付加することで、さらなる理解促進と情報提供が可能です。

4. VRゴーグル対応
当サービスで作成されたコンテンツは、webブラウザやスマートフォンはもちろん、iphone・Android・OculusなどのVRゴーグルで閲覧可能。VRゴーグルで閲覧することで3Dバーチャル空間でまさに施設内部位にいるかのような没入感を体験できます。

5.1物件3.5万円からの手軽な料金
当サービスは、撮影から編集・納品までをワンストップで1物件あたり3.5万円でご提供いたします。
手軽な料金で3Dコンテンツを手にすることが可能です。(料金は撮影面積により異なります。交通費別途)

 

【当社について】
ホームステージングサービスは、欧米では30年以上の歴史を持ち、国によっては80%以上の売却物件で導入されているサービス。当社はこのホームステージングを国内の先駆者として提供して参りました。また、本件の高機能・高品質な360°3D撮影で使用する撮影機材についても当社が国内では他社に先駆けて米国Matterport社から輸入しサービス提供しています。
当社ではこれからも、海外の先進サービスの国内展開や、欧州家具の輸入、オリジナルサービスの提供などを通じて、「非常識であること~日本のインテリアに革命を起こすこと~」というミッションを実現してまいります。

* ホームステージングとは、売却する予定の物件に家具や小物でインテリアコーディネートを加え、モデルルームのように購入検討者により良い印象を与え、売却を円滑に促すためのサービスです。

0

野村不動産アーバンネットと「ホームステージングサービス」を始めました

「野村の仲介+(プラス)」各店でタワーマンション向けに無料でホームステージング・ジャパンがお部屋をコーディネートしホームステージングを行うサービスを始めました。

ご売却を検討している方はぜひ一度ご相談ください。

<紹介ページ>
http://www.nomu.com/hosyou/staging/

<プレスリリース>
http://www.nomura-un.co.jp/page/news/pdf/20141031.pdf

5